見出し画像

岩手県立高田高等学校の学校案内

岩手県立高田高等学校

基本情報:

本校は、普通科と水産・海洋系の専門学科である海洋システム科の2学科からなる全国的にも珍しい高校です。

校名:   岩手県立高田高等学校
所在地:         〒029-2205 岩手県陸前高田市高田町字長砂
                   78番地12
                  ※※長砂は「ながすか」と読みます
電話番号:(代表・事務室)0192(55)3154
     (職員室)   0192(55)3153
FAX番号:       0192(55)6758
学校代表メールアドレス: tak-h@iwate-ed.jp
公式ホームページURL: http://www2.iwate-ed.jp/tak-h/
note URL:         http://tak-hs.note.jp
校長名:         坂本 美知治(さかもと みちはる)
創立:          昭和5(西暦1930)年4月19日
開校記念日:       5月6日
沿革(要旨):      昭和5(西暦1930)年
              学校組合立高田実科高等女学校として設立
             昭和7(西暦1932)年
              県に移管
             昭和23(西暦1948)年
              岩手県立高田高等学校(以下、「高田高校」
             と記す)と改称
             昭和61(西暦1986)年
              定時制課程閉課
             平成20(西暦2008)年
              高田高校(普通科)と岩手県立広田水産高等
             学校(水産科)が統合し、新生「岩手県立高田
             高等学校(以下、『高田高校』と記す)」とな
             る
             平成23(西暦2011)年
              3月11日に発生した東日本大震災津波により
             校舎全壊(本校舎・体育館・広田校舎)
              岩手県立大船渡東高等学校の萱中校舎(旧岩
             手県立大船渡農業高等学校)に移転し、ここを
             仮校舎とする
              ※萱中は「かやなか」と読みます
             平成25(西暦2013)年
              被災した本校の実習艇「かもめ」が、漂着し
             たアメリカ合衆国カリフォルニア州デルノーテ
             郡クレセントシティーから陸前高田市に返還さ
             れる
             平成27(西暦2015)年
              新校舎完成により、仮校舎だった萱中校舎か
             ら、現在の校舎(長砂校舎)に移転
             平成29(西暦2017)年
              実習艇「かもめ」返還を機として、本校と
             ルノーテ高校(アメリカ合衆国カリフォルニア
             州デルノーテ郡クレセントシティー)とが国際
             姉妹校となる
             令和2(西暦2020)年
              陸前高田市広田町六ケ浦漁港内に海洋シス
             テム科艇庫が再建され、講義棟が新たに完成

人間関係作り講座(R4年4月)

アクセス

公共交通機関の場合→JR大船渡線BRT高田高校前駅下車徒歩5分
自動車の場合→三陸沿岸道路陸前高田インターチェンジから3km

アクセス・マップ
学校周辺地図

校訓

  至誠 錬磨 創造

校章

正規校章

この校章は、創立20周年を迎えた時、新たな躍進を期して制定されました。陸前高田市の名勝高田松原と、霊峰氷上山を表現したものです。全体としては、雪の結晶の六角形で氷上山の「氷」の字を表し、校歌にも歌われている八重の汐がうち寄せる松原からのぞまれる氷上山の三峯を図案化したものです。

略式校章

校歌

校歌(楽譜付き)
校歌
体育祭(R4年6月)

設置学科

普通科合計322 海洋システム科合計36 全校合計358

スクール・ポリシー

学校教育目標

知・徳・体の調和のとれた人格の完成を目指し、地域や社会の復興・発展を担う有為な人材を育成する。

グラデュエーション・ポリシー(このような力を伸ばします‼)

【学校共通】
 ・ 幅広い知識と教養を身に付けるとともに、知識や技能を活用する力を
  育成します。
 ・ 自他の生命や人権を尊重し、他者と協働して活動する力を育成しま
  す。
 ・ 生涯を通じて健康な生活を送ることができる健やかな心と体を育成し
  ます。
 ・ 震災の教訓を地域と共有しながら、防災・減災に関する高い意識を育
  成します。
 ・ SDGs(持続可能な開発)の理念を理解し、国際的視野を持って、地
  域や社会の復興・発展に貢献しようとするグローカル人材として必要な
  資質を育成します。
【普通科】
 ・ 多様な進路希望に対応できる確かな学力を育成します。
【海洋システム科】
 ・ 将来の水産業を担う実践的知識と技術力を育成します。

カリキュラム・ポリシー(このような学びを行います!)

【学校共通】
 ・ 「わかる授業」の実践や、「主体的・対話的で深い学び」により、確
  かな学力を身に付けさせる教育活動を進めます。
 ・ 特別活動や体験活動など学校の教育活動全体を通じて、豊かな心や協
  調性を培う教育活動を進めます。
 ・ 体育・健康に関する指導など学校の教育活動全体を通じて、健やかな
  心と体を養う教育活動を進めます。
 ・ 自治体や関係機関と連携した復興・防災・減災教育により、震災の教
  訓を確実に引き継ぐ教育活動を進めます。
 ・ SDGs(持続可能な開発)の理念を踏まえ、地域や産官学と連携して
  行う、総合的な探究の時間を中心とする取組である「T×ACTION(タク
  ション)」やキャリア教育、国際交流事業等を通じて、グローカル人材
  として必要な課題発見能力、解決能力等を培う教育活動を進めます。
【普通科】
 ・ 多様な進路希望に応じた教育課程を編成し、生徒個々の進路希望の実
  現を図る教育活動を進めます。
【海洋システム科】
 ・ 水産科目の授業や実習を通して、実践的知識の習得と技術力を養成す
  る教育活動を進めます。

アドミッション・ポリシー(このような生徒を待ってます)

【学校共通】
  基礎的な学力を有しており、以下のいずれかに該当する生徒を募集しま
 す。
  ・ 本校の教育内容に興味・関心を持ち、入学後も前向きに取り組む生
   徒。
  ・ 自分や仲間を大切にし、個性や長所を伸ばそうと努力する生徒。
  ・ 自らの成長や夢の実現を通して、地域や社会の復興・発展に貢献し
   たいと考える生徒。
  ・ 部活動や生徒会活動などに意欲的に取り組む生徒。

体育祭(R4年6月)

令和5年度入学者選抜方法

1 日程
 (1) 推薦入学者選抜 → 令和5年1月26日(木)実施
 (2) 一般入学者選抜 → 令和5年3月7日(火)実施
2 昨年度の高校入試情報
  ↓ こちらから

令和4年度生活時程

特色ある教育活動

普通科の特色

2学年から文系A文系B理系の各コースに分かれます

海洋システム科の特色

令和5年度からです

艇庫・講義棟

艇庫講義棟の位置
数学Ⅱの授業(R4年6月)

学習活動

1 多様な進路希望に可能な限り応えられるようなコース及び教育課程を設
 定しています。
2 授業の充実はもちろん、放課後や長期休業中の課外各種講習など教職
 員一丸となってきめ細かい指導を行っています。
3 海洋システム科はこれまで生徒研究発表において、全国大会で最優秀賞
 を6度受賞しています。小型船舶ダイビング資格などの海洋に関する資
 格
だけでなく、食品製造や食品衛生に関する資格まで多くの資格取得を目
 標に取り組んでいます。また、令和5年度以降は、ビジネス関連の科目を
 取り入れ
、生徒の幅広い進路選択に対応していきます。

女子ソフトテニス部高総体県大会団体準優勝(R4年5月)
文化祭(R4年9月)

特別活動…生徒会活動・部活動ともに盛んで、素晴らしい成果を収めています

1 運動部は、過去に全国選抜大会制覇を成し遂げたバレーボール部イン
 ターハイなどの全国大会に出場経験を持つ
ソフトテニス部や陸上競技部、
 卓球部
甲子園出場の実績がある硬式野球部のほか、水泳部、ソフトボー
 ル部、サッカー部、バスケットボール部、柔道部があり、各大会で活躍し
 ています。
2 文化部では、多数の県高総文祭入賞を果たしている美術部や書道部
 ロコンテスト東北大会出場や地域行事などにも積極的に参加している吹奏
 楽部
のほか、茶道部、パソコン部、JRC同好会、家政同好会があり、
 日々修練を重ね成果を上げています。他にも、新聞委員会が全国高総文祭
 に岩手県代表として毎年のように参加
しています。
3 本校では、教科等で獲得した見方・考え力を総動員しながら、総合的な
 探究の時間を中心として、主体的に課題に向き合い、解決していく資質・
 能力を高める活動
として、T×ACTIONの取組を行っています。
 「T×ACTION」とは「タクション」と読み、「TAKATA」+「ACTION」の
 意味を込めた造語です。
4 2011年の東日本大震災津波により、アメリカ合衆国カリフォルニア州デ 
 ルノーテ郡クレセントシティー
本校実習艇「かもめ」が漂着しました。
 これをきっかけに、「かもめ」の返還に尽力してくれたデルノーテ高校生
 
と高田高校生との交流が始まり、2017年2月に両校は国際姉妹校となりま
 した。

文化祭での書道パフォーマンス(R4年9月)
T×ACTION(総合的な探究の時間を中心とした探究活動)での発表
(R4年9月)

校長から一言

 本校は、昭和5年の創立以来90年以上の歴史を誇る、気仙地区を代表する伝統校です。これまでの卒業生は、約27,000人を数え、有為な人材を陸前高田市はもとより県内外に多数輩出してきました。
 平成23年の東日本大震災津波では、校舎が全壊する甚大な被害を受けましたが、国内外から多くの支援をいただき、平成27年には新校舎が完成、その後グラウンドや部室棟など関連施設の整備も進み、現在は、申し分のない教育環境が整っています。
 陸前高田市唯一の高校として地元からの期待も大きく、普通科は、大学、専門学校等への進学はもとより、県内外の企業への就職など幅広い進路に対応しているほか、海洋システム科は、岩手の基幹産業でもある水産業の担い手を育成しています。
 なお、海洋システム科は、近年の水産業の「6次産業化」への動きに対応して、海産物を獲る・育てるところから、商品に加工し、流通、販売するところまでを一貫して学ぶ新たなカリキュラムで令和5年度入学生から新時代の水産業の担い手育成を目指します。
 また、現在、本校では「総合的な探究の時間」通称「T×ACTION」(タクション)に積極的に取り組んでおり、陸前高田市や立教大学、岩手大学など多くの外部団体のご協力をいただきながら、探究活動を通じて課題解決能力を身に付け、グローカル人材の育成を目指しています。
 その他、本校は、伝統的に部活動が大変盛んで、これまで女子バレーボール部の全国高等学校選抜優勝大会での全国制覇、硬式野球部の夏の甲子園大会出場をはじめ、陸上競技部、ソフトテニス部、卓球部などが強豪として名を馳せ、文化部も含め、多くの部が県内はもとより全国の舞台で活躍しています。昨年は、女子ソフトテニス部が県高校総体で個人、団体ともに優勝し、北信越インターハイに出場したほか、新聞委員会が本県代表として全国高等学校総合文化祭に出場しています。
 このように、本校には、校訓「至誠 錬磨 創造」のもと、文武両道でひたむきに努力し、前向きに挑戦する生徒と教職員がいます。
 皆さんの大切な高校3年間をこの高田高等学校で一緒に過ごしてみませんか。皆さんの入学を心からお待ちしています。

文化祭(R4年9月)

必要となる諸経費の概要

公立高等学校就学支援金制度に関する県教育委員会からのお知らせ

1 平成26年度から県立高校の授業料に高等学校等就学支援金制度が導入さ
 れました。
2 この制度により、一定の所得未満の家庭の高校生は授業料の納付が不要
 となりました。
3 一定の所得未満とは、保護者等の所得について、以下の算定式により計
 算した額が、30万4,200円未満の場合です(年収目安約910万円未満)。
   【算定式】課税標準額(課税所得額)×6% - 市町村民税の調整控除
                        の額
4 手続き等については、入学手続き関係書類の送付と併せてお知らせする
 予定ですが、制度について詳しくお知りになりたい方は、下記の文部科学
 省ホームページ「高等学校等就学支援金制度(新制度)について」をご覧
 下さい。
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/index.htm
 
【参考】県立高校授業料・通信制受講料
 全日制(月額)9,900円   定時制(月額)2,700円
 通信制(1単位)190円


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!