マガジンのカバー画像

高田高校海洋システム科

100
「海・船・魚」に関する分野について、生産から流通までのシステムを学び、観光資源としての海洋環境に関する知識を身につけます。
運営しているクリエイター

記事一覧

あの震災を教訓に(大野海岸清掃&避難訓練)

みなさん、こんにちは。 6月13日(木)に海洋システム科の1~3年生の31名、地元の広田小学校の児童・保護者、陸前高田市、NPO団体や地域の方々が連携して、大野海岸清掃活動と避難訓練が行われました。 この日の天気は快晴。気持ちよい青空と心地よい潮風を運ぶ海を背景に、小学生も高校生も汗をかきながら一生懸命ゴミ拾いや雑草の除去、流れ着いた流木集めなどを行いました。 避難訓練は、11時15分に大地震が発生した想定で行われました。サイレンと放送によって、参加者はその場にしゃがみ込

北斗(ほくと)と蒼天(そうてん)

みなさん、こんにちは。 本日は、海洋システム科の生徒がお世話になってる教習艇をご紹介いたします。本校の艇庫は、学校から20分程度離れた広田半島の大野湾に面している六ヶ浦(むつがうら)漁港にあります。 海で実習があるときは、本校所有のバスで六ヶ浦漁港まで移動し、実習を終えたらまた学校に戻ってきます。ほとんどの場合は、午前中いっぱいが実習時間に充てられています。 さまざまな実習を行いますが、教習艇に乗って船を実際に操縦する実習もあります。生徒は「2級小型船舶操縦士」の免許取得

立派に育ってくれー 牡蠣の養殖実習

みなさん、こんにちは。 海洋システム科の2・3年生の海洋科学コース約10名が、連休明けの5月9日から牡蠣の養殖実習を行っています。牡蠣のお世話をしないと立派に育ってはくれません。 5月9日(木)に、養殖棚に付着した海藻などの不要物を綺麗に清掃するところから作業を始め、本日(5月24日(金))は牡蠣の間引きを行いました。幾つかくっついている牡蠣を一つ一つにばらし、綺麗にして、愛情を込めてまた海に戻します。 この牡蠣は、三陸の海の栄養分と生徒の愛情?をたっぷりと蓄え、これから

復活!「さんま缶詰」始めました。

待望の「さんま味付け缶詰」実習が始まりました。 過去数年は、原材料となる「さんま」の価格が不漁により高騰し、実習を断念していました。今年5年ぶりに製造することができました。 今日は、3年生食品科学コース4名で銀色に輝く「さんま」40kgを捌きましたが、この生徒たちも高校入学して、初めて「さんま缶詰」の実習を行いました。  久しぶりに「さんまの味付け缶詰」を製造しました。40kgのさんまで182缶作ることができました。  5年ぶりということで、生徒はもちろんですが、教員も作業

【T×ACTION】1年プロジェクト発表会

 3月4日(月)と5日(火)、1年生のT×ACTION PROJECT発表会が開催されました。10月から総合政策、国際、ものづくり、医療・福祉・保育の4つのチームに分かれて探究していた成果を発表しました。  3月4日(月)は国際チームと医療・福祉・保育チームに所属する生徒が探究成果をポスターセッションで発表しました。  3月5日(火)は総合政策チームとものづくりチームの発表です。初めに総合政策チームがプレゼンを行いました。総合政策チームは10月から「みんなの夢をかなえる会」

高田高校×りくカフェ 料理教室

 こんにちは。2月28日(水)、2年4組のフードデザインの授業において、「高田高校×りくカフェ」料理教室が行われました。  2年4組の生徒が、冬季休業中の課題として取り組んだ「地域の旬の食材を利用した日常食の献立作成と調理」の献立を提供し、りくカフェさん監修の3パターンの弁当の献立を考案していただきました。うち、2パターンは「高田高校×りくカフェコラボ弁当」として販売されました。今回は残り1パターンの調理を行う実習が行われました。  過去2回のお弁当についてもnoteで紹

3月1日(金)、テレビ岩手ニュースプラス1をぜひ御覧ください!

 3月1日(金)午後6時15分からのテレビ岩手「ニュースプラス1」で高田高校の生徒の学びをご覧いただけます。  12月に行われた京都工学院高校との復興防災減災の連携学習の模様が放送されます。ぜひご覧ください!

高田高校×りくカフェ コラボ弁当(2)

 こんにちは。2月14日(水)、先週に引き続き、高田高校海洋システム科2年4組のフードデザインの授業の一環で、各自が考えた献立から「りくカフェ」さんがセレクトしたメニューがお弁当になり、販売されました。    メニューは下の通りです。鶏の照り焼き、タラのから揚げ、ほうれん草の白和え、イカ大根、ご飯は深炒り玄米入りたかたのゆめです。私も食べましたが、肉、魚、野菜とバランスが良く、塩分控えめですが、味はしっかりしておりますし、個人的にはイカ大根に七味唐辛子が振ってあったのが良か

忘れるな 2001年2月10日という日を        

 今から23年前の2001年(平成13年)2月10日に何が起きたか知っていますか。実は、ハワイ沖の海域で愛媛県立宇和島水産高校の実習船とアメリカ海軍の原子力潜水艦が衝突するという大きな事故がありました。実習船「えひめ丸」はわずか5分で沈没し、9名(船舶職員3名、教員2名、生徒4名)が亡くなりました。  この事故を機に、2003年(平成15年)に全国水産高等学校長協会は2月10日を「海の安全祈念日」に制定しました。  そこで、全国の水産高校では2月10日に合わせ「海の安全祈念

岩手県はばたき賞を受賞しました!

 2月6日(火)にサンセール盛岡で「令和5年度第2回岩手県はばたき賞表彰式」が行われました。「岩手県はばたき賞」はスポーツや文化活動、社会貢献などで活躍した児童生徒や団体に贈られる賞です。本校は「長年にわたり地元の海岸の清掃活動に取り組んだことにより『海の日』海事関係功労者として国土交通大臣から表彰された」ということで表彰となりました。学校を代表して生徒会長の渡邊翔真君が表彰式に参加しました。  昭和40年代から続く活動ですが、その間には学校の統合や東日本大震災での校舎の被

高田高校×りくカフェ コラボ弁当(1)

 こんにちは。2月7日(水)、高田高校海洋システム科2年4組のフードデザインの授業の一環で、各自が考えた献立から「りくカフェ」さんがセレクトしたメニューがお弁当になり、販売されました。  メニューは下の通りです。えのきの肉巻き、鮭のムニエル、きんぴらごぼう、ブロッコリーのマリネが主なおかずでした。私も食べましたが、ごぼうだと思ったら、違う噛み心地でヤーコンだったり、食べ応えはありますが、カロリーは低かったりと、とても美味しく頂きました。  第2回は、2月14日(水)を予定して

私達の健康は私達の手で…

 生活習慣病や理想的な食生活について知る機会を作り、食を選択する力を育むことで、健康づくりを『自分事』ととらえ実践することを目的とし、陸前高田市の食生活改善推進員の指導のもと、「健康づくり教室」が行われました。  参加した生徒は海洋システム科の2年生で、普段から「フードデザイン」の授業や総合実習で食品に関わる機会が多い生徒達です。  タマネギの繊維ってどの向き?にんじんを千切りするときはどう切る?普段家庭で料理をすることのない男子生徒に、優しく丁寧に教えてくださった食生活改

通称「赤バス」の処分

 こんにんちは。1月31日(水)、平成19年、高田高校と広田水産高校の統合前に広田水産高校に配置された通称「赤バス」が、処分の為に業者に引き取られました。主に海洋システム科の生徒の移動のために使用されました。  東日本大震災の際には、このバスの中で暖を取った人もいたとのことで、本校の歴史を物語るバスです。簡単にではありますが、お別れ会を実施し、副校長がお酒でバスを清めました。  昨年から使用しておりませんでしたが、エンジンがかかったので自力でトラックの荷台に乗ることができ

【T✕ACTION】3年地域探究&学校紹介レポート③

 生徒による「陸前高田市と高田高校の魅力発信をしよう!」のNote記事第3弾です。今回は3年海洋システム科の菅野優斗君の記事です。 ********************************************************************************* 【海洋システム科の歴史】  高田高校海洋システム科の歴史は、1906年(明治39年)に遡ります。当時は、広田実業補習学校として開校しました。  1945年(昭和20年)…岩手県立広田