岩手県立高田高等学校

本校は普通科と海洋システム科からなる全国的にも珍しい高校です。東日本大震災で甚大な被害を受けましたが、世界中からのご支援をいただき、現在は完全復活して高台に建つ海の見える校舎で学習に部活動に精一杯取り組んでいます。そんな学校の様子をnoteで発信していきますので是非ご覧ください。

岩手県立高田高等学校

本校は普通科と海洋システム科からなる全国的にも珍しい高校です。東日本大震災で甚大な被害を受けましたが、世界中からのご支援をいただき、現在は完全復活して高台に建つ海の見える校舎で学習に部活動に精一杯取り組んでいます。そんな学校の様子をnoteで発信していきますので是非ご覧ください。

    マガジン

    • 高田高校広報「八重の汐」

      陸前高田市にある岩手県立高田高等学校の1年をまとめています。

    • T×ACTION〔探究活動〕

      T×ACTIONとは、「タクション」と呼んでいる、本校の「総合的な探究の時間」を中心とした探究活動です。「TAKATA」「ACTION」から作成された言葉で、平成29年度入学生から始まりました。

    • 高田高校海洋システム科

      「海・船・魚」に関する分野について、生産から流通までのシステムを学び、観光資源としての海洋環境に関する知識を身につけます。

    高田高校広報「八重の汐」

    陸前高田市にある岩手県立高田高等学校の1年をまとめています。

    すべて見る

    【T×ACTION】パネリストとして意見を発表しました

    1月23日(月)、岩手県民会館大ホールで開催された令和4年度「いわての復興教育」児童生徒実践発表会のパネルディスカッションに、本校普通科2年の小野寺麻緒さんと同じく菅野いぶきさんがパネリストとして参加しました。 「いわての復興教育」児童生徒実践発表会は、岩手県教育委員会の主催により、県内の児童・生徒が、震災津波の体験から得られた3つの教育的価値(いきる・かかわる・そなえる)を具体化した実践活動を発表し、互いに学びを交流することで、震災津波の教訓を語り継ぎ、郷土を愛し、その復

    スキ
    138

    【T×ACTION】「全国高校生MY PROJECT AWARD 2022 岩手県Summit」に参加しました

    1月22日(日)、本校普通科2年の小野寺麻緒さんが、岩手県立大学で開催された「全国高校生MY PROJECT AWARD 2022 岩手県Summit」に参加しました。 全国高校生MY PROJECT AWARDとは、プロジェクトや探究活動を行った高校生を対象に、発表・学びの機会を設けるという企画で、この日の岩手県Summitには、県内から52のプロジェクトが集まり、グループに分かれて発表を行いました。 小野寺さんは、これまで行ってきた防災リュックについての取り組みをプレ

    スキ
    115

    女子バレーボール部、新人戦県大会を制す!

    1月20日(金)から22日(日)まで、奥州市及び金ケ崎町の体育館を会場に、第70回岩手県高等学校新人大会バレーボール競技が行われました。 出場した本校の女子バレーボール部は、熱戦を制し優勝を果たしました。この優勝は、14年ぶり23回目の県大会優勝という快挙で、春高バレーの雪辱を見事に晴らしました。 なお、この大会で本校の2年2組熊谷有紗さん、1年1組吉田実桜さん、1年3組渡辺華乃さんが優秀選手に選ばれました。 今後、女子バレーボール部は、2月10日(金)から12日(日)

    スキ
    137

    【T×ACTION】トレーラーハウス村を作ろう!

    1月22日(日)、大船渡市民文化会館マルチスペースにおいて、「大船渡ビジネスプランコンテスト2022」の最終審査会が開催され、ドリーム部門の高校生によるアイディアとして、本校の生徒が出した「T×ACTION高田高(トレーラーハウス村を作ろう!陸前高田市に高校生が集まるお店を)が、優秀賞を受賞しました。 このコンテストにおけるドリーム部門は、令和4年度に新設されたもので、地域資源の活用などを通じて活性化につながる多様なアイディアを受け付ける世代別の部門です。 今回の受賞は、本

    スキ
    116

    T×ACTION〔探究活動〕

    T×ACTIONとは、「タクション」と呼んでいる、本校の「総合的な探究の時間」を中心とした探究活動です。「TAKATA」「ACTION」から作成された言葉で、平成29年度入学生から始まりました。

    すべて見る

    【T×ACTION】パネリストとして意見を発表しました

    1月23日(月)、岩手県民会館大ホールで開催された令和4年度「いわての復興教育」児童生徒実践発表会のパネルディスカッションに、本校普通科2年の小野寺麻緒さんと同じく菅野いぶきさんがパネリストとして参加しました。 「いわての復興教育」児童生徒実践発表会は、岩手県教育委員会の主催により、県内の児童・生徒が、震災津波の体験から得られた3つの教育的価値(いきる・かかわる・そなえる)を具体化した実践活動を発表し、互いに学びを交流することで、震災津波の教訓を語り継ぎ、郷土を愛し、その復

    スキ
    138

    【T×ACTION】「全国高校生MY PROJECT AWARD 2022 岩手県Summit」に参加しました

    1月22日(日)、本校普通科2年の小野寺麻緒さんが、岩手県立大学で開催された「全国高校生MY PROJECT AWARD 2022 岩手県Summit」に参加しました。 全国高校生MY PROJECT AWARDとは、プロジェクトや探究活動を行った高校生を対象に、発表・学びの機会を設けるという企画で、この日の岩手県Summitには、県内から52のプロジェクトが集まり、グループに分かれて発表を行いました。 小野寺さんは、これまで行ってきた防災リュックについての取り組みをプレ

    スキ
    115

    【T×ACTION】トレーラーハウス村を作ろう!

    1月22日(日)、大船渡市民文化会館マルチスペースにおいて、「大船渡ビジネスプランコンテスト2022」の最終審査会が開催され、ドリーム部門の高校生によるアイディアとして、本校の生徒が出した「T×ACTION高田高(トレーラーハウス村を作ろう!陸前高田市に高校生が集まるお店を)が、優秀賞を受賞しました。 このコンテストにおけるドリーム部門は、令和4年度に新設されたもので、地域資源の活用などを通じて活性化につながる多様なアイディアを受け付ける世代別の部門です。 今回の受賞は、本

    スキ
    116

    【T×ACTION】キャリア教育に関する文部科学大臣表彰を受賞しました

    今般、「第15回キャリア教育優良教育委員会、学校及びPTA団体等文部科学大臣表彰」において、本校が受賞校の1校として表彰されました。 表彰式は、令和5年1月19日(木)、三田共用会議所講堂で行われた「令和4年度キャリア教育推進連携シンポジウム」内で行われました。 この表彰は、キャリア教育の充実発展に尽力し、顕著な功績が認められた教育委員会、学校及びPTA団体等に対して、その功績をたたえ、文部科学大臣が表彰することで、キャリア教育の充実を促進することを目的に行われているもの

    スキ
    115

    高田高校海洋システム科

    「海・船・魚」に関する分野について、生産から流通までのシステムを学び、観光資源としての海洋環境に関する知識を身につけます。

    すべて見る

    【T×ACTION】キャリア教育に関する文部科学大臣表彰を受賞しました

    今般、「第15回キャリア教育優良教育委員会、学校及びPTA団体等文部科学大臣表彰」において、本校が受賞校の1校として表彰されました。 表彰式は、令和5年1月19日(木)、三田共用会議所講堂で行われた「令和4年度キャリア教育推進連携シンポジウム」内で行われました。 この表彰は、キャリア教育の充実発展に尽力し、顕著な功績が認められた教育委員会、学校及びPTA団体等に対して、その功績をたたえ、文部科学大臣が表彰することで、キャリア教育の充実を促進することを目的に行われているもの

    スキ
    115

    最後の製パン実習

    12月9日(金)の科目「総合実習」の時間に、海洋システム科3学年の全員が、今年度最後、つまり高校生活の中で最後の製パン実習を行いました。 通常、海洋システム科においては、パンの製造を行うのは食品科学コースの生徒ですが、今回は海洋科学コースの生徒もパン作りをしました。 この日のパン作りのテーマは「保護者の方に食べていただこう」でした。そのため、この日製造したパンは販売用のものではありませんでした。 「保護者の方に食べていただこう」というテーマにしたのは、3年ぶりの一般公開と

    スキ
    136

    2級小型船舶操縦士の実技試験

    12月7日(水)、海洋システム科海洋科学コース3年の8人の生徒達が、2級小型船舶操縦士の実技試験を、市内広田町の大野湾で受験しました。 2級小型船舶操縦士免許を取得すると、海岸から5海里(約9km)までの海域で、総トン数20t未満の船舶又は用途がスポーツやレクリエーションに限定された長さ24m未満のプレジャーボートの操縦ができるようになります。沿岸漁業やレジャーに最適な資格です。ただし、水上オートバイは操縦できません。 この資格を得るためには、身体検査を受けたうえで学科試

    スキ
    82

    最高だぜっ!小笠原ー!!

    11月20日(日)から29日(火)までの9泊10日の日程で、海洋システム科3学年の5人の生徒が、東京都小笠原村父島で行われたダイビング実習に参加しました。 この実習は、新型コロナウイルス感染症の流行状況から、令和二年度と三年度の二年間は実施できませんでしたが、今年度3年ぶりに行われました。 また、実習には、本校の他、宮古水産高校と久慈東高校の生徒の皆さんも参加しており、岩手県の水産系高校3校が合同で実施したものです。 20日、参加生徒は岩手県の宮古港で3校合同実習船である

    スキ
    122