見出し画像

【T×ACTION】海水を顕微鏡で観察しました

岩手県立高田高等学校

7月5日(火)の2・3校時、海洋システム科2学年海洋科学コースの生徒が、総合実習の時間に、採取した海水を顕微鏡で観察しました。この海水は、学校近くにある脇之沢漁港で、海水面から50センチメートルほどの深さの所をバケツで約20リットル集めてサンプルとして持ち帰ったものです。

観察します
この海水を顕微鏡で観察します

この時間の観察目的は2つでした。一つは、プランクトンの観察。特に、カイアシ類と呼ばれる小さな動物プランクトンを探すことです。カイアシ類とは、学名をコペポーダ(Copepoda)といい、エビと同じ甲殻類の仲間で、地球上の水界のほとんどあらゆる場所にいる動物です。海洋では動物プランクトンとして海面から超深海まで分布し、大きさは成体で0.3mmから10mm程度の大きさです。もう一つは、細かなプラスチックや繊維を見つけることでした。

観察中

前回までは、気仙川河口、高田松原海水浴場の砂など地域の河川や海岸から採水し、砂を採集して観察してきましたが、今回脇之沢漁港の海水でした。

観察した結果、いくつかの動物プランクトンを発見しました。具体的には、カイアシ類エビのような形状をしたプランクトンクラゲの小さな幼生などでした。

カイアシ類
動物プランクトン

また、繊維の一種も見付けました。複雑に絡まった糸青く細い糸などで、いわゆるマイクロプラスチックのようでした。これらの繊維はプランクトン同様に、人間が肉眼で発見することが難しい大きさで、顕微鏡の倍率を100倍にしてようやく、その姿を捉えることができました。

青い繊維片(マイクロプラスチックと思われます)

身近な地域の海や川を、顕微鏡を通して観察することで、新しい発見をすることがあります。普段なら気に留めることのない小さな生き物の存在や、細かなプラスチック片などが、同じ海の水に含まれています。

繊維片(マイクロプラスチックと思われます)

今後も地域の豊かな海と環境を守り育てるために、海や川などの調査と観察を進めていこうと思います。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!